事故対応,車両保険,対物超過

一括見積もりのメリット

自動車保険、保険の内容は同じであっても、微妙に比較するとわかりにくいもの。
ましてや保険会社ごとに見積もりを取ってというのは手間も時間も大変!なので一括の
見積もりからの入力というのはとても重宝。見積もり時間も約10分、保険証券を用意して
見積もればすぐに終了。


自動車保険見積もり

心配な事故対応はどこがいい?

自動車保険で一番頼りたいのが、万が一の事故の時の保険会社の対応。対応には様々
な要素があり初期対応、修理の手配や相手との交渉、保険金の支払いなどあります。
各項目について各保険会社は細かく対応の指針を設けています。実際に利用した人の声
に基づいての各保険会社のご紹介です。
【イーデザイン損保】
東京海上グループのダイレクト系保険会社。インターネットからの申し込みの割引は最大
1万円で、業界でも最大の割引額。エコ価格デザインも好評です。

事故後の初期対応

実際、事故に遭ってしまった時、不安な中で保険会社に連絡するのは大変だし不安。
オペレーターの電話での対応がまさに分かれ道。いい対応は早く的確で安心感がある。
ダイレクト系の保険会社はまさにこの対応が生命線。代理店を配していないため、各社
非常に力のいれているところであり、評価に差が出る部分でもある。
【チューリッヒ保険】

非常に手堅い高い評価が持ち味の保険会社である。携帯のナビゲーションを使った
事故車両の把握、と業界でもトップクラスのロードサービスは大変好評であり、事故対応
も長年にわたり高い評価を続けている。

自動車保険キャンペーン

事故処理と手配

警察の事故調書による事故の概況に基づき、保険会社は修理の手配や相手に対する
交渉を行います。ここでの対応はもちろんその経過を逐次報告してくれるのがいい保険
会社です。初期対応は良くてもその後の経緯がわからなかったり、連絡が遅いとやはり
不安になってしまいます。
【三井ダイレクト】
国内損保のダイレクト系の保険会社として非常に高い人気を誇ります。
「Myホームページ」を通じてご都合の良い時間に事故対応の経過の確認や、お客さま
専任のスタッフとのご質問、ご相談などにご利用できるサービスが好評。

交渉力の強さ

交渉力というのは相手の保険会社であったり、事故当事者である。誠実に対応するのは
もちろん契約者の保護という立場からも理不尽な相手からの要求などは当然断らないと
ならない。ましてや相手の保険会社によって尻込みし諦めてしまうようなことはあっては
ならない。もちろんここで紹介する保険会社は安心できるところばかり。
【SBI損保】
ダイレクト系保険会社の中でも、年額の保険料の手軽さはNo.1。多くの利用者を集め
る注目の保険会社である。楽天のランキングでは事故対応の評価も高評価であった。

対物超過っているの?

事故の時にこの対物超過というのは深く関係してきます。自動車の評価額以上の修理
代金が必要となった時に特約の対物超過を付帯しておけば、相手に対する補償は問題
なく行われることとなります。但し、自動車の評価額以上については補償しなければなら
ないという義務はありません。この対応は保険会社によって大きく異なります。
【ソニー損保】
ダイレクト自動車保険9年連続bP!でおなじみの日本企業の保険会社である。走行
距離に応じて保険料額が決定されるのはユーザーに非常に好評である。

自動車保険見積もり

24 -TWENTY FOUR-